人気のショップを実現!集客力を高める店舗デザインに役立つ知識を大公開

こちらのサイトでは、店舗の集客のために役立つ店舗デザインの知識を紹介しています。
店舗のデザインひとつで店舗の入りやすさや、商品の手に取りやすさが変わってきます。
どのようにしたら集客力を高めることができるのか、また店舗で働くスタッフとお客の導線を考えることで、動きやすくサービスの行き届いた店舗にすることができます。
このようなさまざまなデザインのコツを紹介しますので、お店の新築や改装時の参考にしてみてください。

人気のショップを実現!集客力を高める店舗デザインに役立つ知識を大公開

店舗デザインというと、店舗の外装や内装のイメージかと思いがちですが、それだけではありません。
店舗デザインは集客力に大きく影響し、売り上げや利益にも反映します。
例えば、飲食店で通路を狭くして席数を増やすと、一見売り上げが上がりそうですが、スタッフが動きづらくなって料理の提供が遅れてしまいます。
これを解消するために、一部に待避所のような一角をつくるという方法があります。
するとドリンクや料理の提供がスムーズになり、お客は満足するとともに、スタッフもストレスなく働けます。

店舗デザインが売上に及ぼす影響とは

店舗デザインが売上に及ぼす影響とは、集客力の部分に依存することが大きいものです。
より多くの顧客が集まることで商品を購入するチャンスが大きくなり、結果的に売上が向上することになるためです。
店舗デザインの重要性は様々な場面で注目されるようになっており、その外観に重要なポイントが含まれている場合が少なくありません。
取り扱っている商品のイメージでその外観はある程度似通ったものとすることが求められる傾向が強く、奇抜なアイディアで全く異なったものとした場合、集客力が低下する恐れがあるため注意をすることが必要です。
これは店舗デザインの良し悪しによって来店する顧客が持つイメージが固定されてしまうことにより、商品の品揃えだけではなくそのイメージでお店の評判が固定されてしまうことがあるためです。
店舗デザインの良し悪しで集客力が変化するので、この点に十分に注意をすることが大切です。
より多くのお客を呼び込むための、基本的な条件を十分に理解することがポイントです。

店舗デザインでは経営のコンセプトを重視

店舗デザインを行う際には、経営のコンセプトを意識することが大切となります。
商材やサービスのイメージに適した店内デザインは勿論のこと、ターゲット層が入店しやすいような雰囲気作りを心がける必要があるのです。
店舗デザインを特集するサイトには、業態別の施工事例を紹介するものも少なくありません。
幾つかの事例を見比べながら、自社の考えるイメージに適したタイプを見つけた際には、気軽に相談に伺うのが良いでしょう。
デザイン施工を行う会社では、無料で受けられる事前相談会を開催しています。
自社が考える店舗デザインを、どの程度の予算や期間で実現できるかについてを、前もって把握することが可能です。
経営コンセプトに適した店舗デザインであることは、売上向上に結びつくと同時に、話題性を高める効果ももたらしていきます。
個性的なデザインであったり、機能性に優れた動線を備えていたりすることは、各種メディアに取り上げられる機会を増やすことに繋がるからです。

店舗デザインに欠かせない効果的な照明

店舗デザインを施す際には、照明の設置についての工夫を行うことも欠かせません。
経営コンセプトに適したライティングテクニックを適用することが大切となるのです。
店舗で扱う商材やサービスにより、適する色合いには違いがあるのが普通なものです。
飲食店であれば、ホワイトを貴重とした明るい色合いが適しているでしょう。
バーのような、雰囲気を重んじる店舗であれば、青みがかった感じの落ち着いた照明が適します。
店舗デザインを特集するサイトの中には、業態別にライトアップの事例を案内するものも少なくありません。
幾つかの施工事例を見ながら、自店に適していると感じられる事例を見つけた際には、気軽に相談に伺うことも大切です。
店舗デザインを行う会社では、事前に受けられる相談会を無料で実施しています。
新規出店を考えていたり、既存店舗の売上を梃入れしたりする際には、ライティングの部分から検討を行ないたいのが普通でしょう。
経営コンセプトと売上目標に見合ったライティングのためには、事前の入念な検討が大切です。

店舗デザインでレイアウトを決定する手順

店舗デザインを行う際には、店内のレイアウトをどうするかで悩むことが少なくありません。
店内のデザインに拘りすぎてしまうと、大型のテーブルや椅子を配置出来なくなることも珍しくありません。
都心部に構える店舗では、少ないスペースで店舗を構える必要が生じることも多いものです。
集客しやすかったり、従業員が働きやすかったりする動線を備えることを意識してしまうと、十分なスペースを取れなくなることも有り得るのです。
店舗デザインを特集するサイトには、業態別にデザイン例を紹介するものも数多く見られます。
幾つかの施工事例を比較していった後、気に入ったタイプを見つけた際には、気軽に相談に伺うのも良いでしょう。
殆どのデザイン会社では、事前に受けられる無料カウンセリングが開催されています。
店のコンセプトと、目指している売上目標を基準にして、適切なデザインレイアウトについての相談を行うのが良いでしょう。
店内での家具や調理器具の配置は売上を大きく左右する部分があります。
見栄えの良さと使い勝手の両面を意識しながら適切な形で施工することが大切です。